できるだけ早く免許が欲しい時にはどうすればよいの?

保育士試験に合格する

保育士になるもっとも手っ取り早い方法としては、保育士試験に合格してしまえばよいのです。保育士試験というのは、年に一回開催されている国家試験であり、合格することができればそれだけで保育士になることが可能です。とはいえ、保育士試験に独学で合格するというのは至難の業と言わざるを得ません。というのも、保育士試験の合格率は毎年およそ10パーセント強くらいのものであり、これはかなり低い確率ということができるでしょう。

専門学校を卒業すれば

独学で保育士試験に合格するのはとても難しいことです。もちろん、死に物狂いで勉強すれば一年で合格することも不可能ではありませんが、できるだけ確実に、かつ素早く保育士の免許を取得したいのであれば、専門学校に通うということがあるいはいちばん手っ取り早いかもしれません。保育士養成の専門学校を卒業すれば、それだけで保育士の免許を取得することができます。しかし卒業するためには最低でも2年は必要なので、時間は少しかかってしまうでしょう。

ピアノが弾けないと保育士になれない?

子供というのは音楽が好きなものですよね。保育士の先生ならピアノが演奏出来て当たり前というイメージがあったりしますが、確かにピアノが弾けないと採用してくれない保育所もあったりします。しかし、ピアノが弾けないという理由で、保育士試験に不合格になったりするということはありません。ピアノが弾けなくとも、免許自体は取得できますし、また保育所によってはピアノが弾けなくとも、たとえばギターやタンバリン、ハーモニカなど、何らかの楽器の演奏ができれば良いというところもあったりします。

保育園での求人は、保育士の資格を必要とする保育士である場合と、資格がなくてもできる、保育助手に分けられます。