転職に必要な提出書類ってこんなにあるの?!

まずは履歴書の準備から

転職を開始する際に必要なのが履歴書です。一昔前までは、履歴書を買って来て手書きで下書きから清書を行う事が一般的でした。修正液等を使う事は御法度とされ、何度も書き直した経験がある方も多いのではないでしょうか。そん履歴書も近年は形を替え、パソコンで作成するのが一般的となって来ました。そのため間違えて何度も書き直す必要がありませんので、時間の効率化にも繋がり郵送ではなく、メールで送る事も可能となって来ました。

職務経歴書で詳細を記入

履歴書と同様に提出が必要となるのが、職務経歴書です。履歴書に書けない様な、より具体的な職務経験を記載する事が出来ますので、よりアピール出来る書面を言えるでしょう。履歴書と同様で、職務経歴書も近年パソコンで作成する事が一般的となってきましたので、パソコンで作成して問題無いでしょう。もし数年後に再度転職をする事になった際には、このデータを活用する事が出来ますので、データの方が長期的に見てもメリットが多いと言えるでしょう。

英文履歴書の必要性とは?

外資系企業への転職の場合の多くは、日本語と英文履歴書の提出を求められる事があります。逆に日本語の履歴書は必要ないが、英文履歴書だけ提出して欲しいと言われる事すらあります。そのため、事前に準備しておくと良いでしょう。一般的には英文履歴書には顔写真が必要ありません。海外では顔写真があると、人種で判断される事があるため、基本的には応募者も写真を添付せずに、文章だけで提出しますのでその点注意しながら作成をしてみましょう。

営業の転職サイトでは、希望する営業スタイルや給与、勤務時間などを入力することで、希望条件に見あった求人が効率よく探せます。