家庭にいる雰囲気で!地域密着型サービスとは?

地域密着型サービスを知ろう!

住み慣れた地域で生活を続けることができるように、地域の特性に応じた柔軟なサービスが提供されるのが「地域密着型サービス」ですよね。利用者は原則として、サービス事業所がある市町村の住民の方となりますね。地域密着型サービスの種類について知っておくとよいでしょう。「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)」は、認知症の方が共同で生活する住居で、食事や入浴などの介護やリハビリを受けることができるんですよ。

緊急時にも対応するサービスも!

「認知症対応型通所介護」は、日帰りで認知症の方がデイサービスセンターなどに通って、食事や入浴などの介護やリハビリなどを受けることができるんですよね。「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」は、日中・夜間を通じてホームヘルパーなどが複数回訪問して、介護を行うほか、緊急時の対応を受けることができますよ。「夜間対応型訪問介護」は、夜間にホームヘルパーなどが巡回し、緊急時の対応を受けることができるんですよね。

いろいろなサービスを組み合わせて利用する!

利用者の状況に応じて、いろいろなサービスを組み合わせて利用することもできますよ。「小規模多機能型居宅介護」は「通い」を中心に、「訪問」や「泊まり」などを組み合わせて食事などの介護を受けることができるんですよね。「看護小規模多機能型居宅介護」は「小規模多機能型居宅介護」のサービスに加え、看護師などが訪問して療養上の世話を受けることができますよ。このように地域密着型サービスは、家庭的な雰囲気の中で安心して過ごせるよう小規模で、より身近なサービスとなっていますね。

介護に就職したい場合には、介護専門の求人サイトを利用するようにしましょう。介護専門の求人サイトでしたら、一般には公開されていない、好条件の非公開求人を探すことができるでしょう。